FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SANYO SAD-140R

公式資料が無いため詳細不明
冷風機なのにちゃんと部屋が冷やせる能力と構造がある
最近だとトヨトミから発売されている
http://www.toyotomi.jp/product/dehumidifier/spot-item01.html#TAD-28HW
のコンパクト版というか元祖である
ただしこちらは冷房能力は1.4/1.6kw(50/60Hz)でコンパクトだ

部屋を冷やすには吸排気ダクト(一本だが中が二つになっている)をセッティングして排熱させてやる必要がある
ウインドウエアコンを床置きにしたような感じ
窓に設置しないので窓の大きさに左右されない、窓と共振しない、ダクトを放り出すだけでいいので誰でも設置が出来る、部屋から部屋へ移動が簡単などウインドウエアコン市場のさらにニッチなところを狙ってつくった感じがする
こういう製品(コンセプト)は好きだ

ただ、ドレン処理がちっさいタンクだったり(連続排水も出来るけど腰窓に設置したら排水不可)、質量がかなりあったり(19kg、一応キャスターは付いてる、室内設置故に振動の問題など数々の致命的デメリットもあり、いかにも三洋らしいというか・・・

ヤフオクでもタマにしか出品されないレア物で画像もほとんど出てこない
なので勝手ながら画像を保存させてもらう

画像は
http://goods.ruten.com.tw/item/show?11090504503750
より
11090504503750_955.jpg
三洋の当時のエアコンのブランドである「CLOVER(ロゴはC/D」が刻まれていることから考えて、コンセプトは冷風機というよりエアコンだったのだろう
実際、温度調節ができる

11090504503750_191.jpg


11090504503750_33.jpg

スペック(さっきのサイトからと昔見たヤフオクのページからなので正確かどうかは不明)
三洋 SAD-140R
冷房能力(50/60Hz):1.18/1.4kw
冷媒:R22?
消費電力:530W
除湿能力:18L/一日(12/15Lかも)
サイズ:幅335×奥行き290×高さ700(mm)
重量:19kg
運転モード:冷房、除湿、送風
風量:ゆらぎ涼(or冷)風、強、中、弱
ルーバー:オートルーバー
タイマー:おはよう、おやすみタイマー(○時間後ON/OFF)
リモコン付き
製造:90年代前半?
冷房にはダクト必須
スポンサーサイト

テーマ : 電化製品
ジャンル : ライフ

プロフィール

mkrv3

Author:mkrv3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。